中国北部の広大な内モンゴル自治区、南西部に位置する「オルドス市(鄂尔多斯/Ordos)」をご存知だろうか?


引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B9%E5%B8%82

オルドス市には、2003年頃から100万人規模の都市として開発された「康巴什(カンバシ)新区」がある。しかし、現在は6万人ほどしか住んでおらず、入居者のないマンションやオフィスビル、人も車もほとんどいない整備された大きな道路の広がるその街並みから「中国最大のゴーストタウン」と呼ばれ、世界中から注目されている。

中国の砂漠には、豪華すぎるゴーストタウンがある(画像集)

オルドス市のもう一つの顔は、世界最大規模のスピルリナ生産地

実は、「オルドス市」にはもうひとつ注目すべき話題がある。
それは、DHAを含む好中温性スピルリナの発見により、世界最大規模のスピルリナ生産地となったことだ。

1996年、オルドスのアルカリ性湖にてDHAを含む好中温性スピルリナ発見

オルドス市が位置する海抜1500キロメートル前後のオルドス高原は、東・北・西3面を黄河に、南を万里の長城に囲まれ、砂漠が広がっている。オルドス高原北部にあるクブチ砂漠 (庫布其沙漠/ Kubuchi Desert)と南部にあるムウス砂漠(毛烏素沙漠/Mu-Us Desert)の間のオトク草原(鄂托克草原/Otog Glassland)には、アルカリ性湖と塩湖が多数分布しており、その中の1つのアルカリ性湖にて健康に良いことで注目されているオメガ3系多価不飽和脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸、Docosahexaenoic acid)を含むスピルリナ、Arthrospira maxima NS-LC001株が1996年に発見された。

NS-LC001株は、東経108°04’、北緯39°14’にあり、モンゴル語で「白い湖」を意味するChahannaoer湖(察汗淖尔湖)で単離された。熱帯・亜熱帯湖で天然に存在する好熱性種のスピルリナと比較すると、この株は好中温性であり、最適温度が20℃前後。栄養成分のうち、タンパク質と脂質がそれぞれ67.6%と6.1%で、他にフィコシアニン(4.32%)、カロチノイド(0.29%)、とクロロフィル(0.76%)などの色素も豊富に含んでいる。そして何よりも、シアノバクテリアではめったに見られないDHAが含まれていることが一番の特徴だ(DHAの含量は総脂肪酸の2.2%)。

好中温性である点もDHAを含むという点もこれまでで唯一の報告であり、さらにスピルリナ従来の分布記録を大きく塗り替えた、最北端記録でもある。

生産から加工、商品開発、そして販売まで

オルドス市に位置するオトク草原でのNS-LC001株の発見以来、中国政府は、2003年から13年間を通してオトク旗を「世界の藻都」として開発に力を入れてきた。その結果、オトク旗は今、スピルリナの生産から加工、商品開発、そして販売まで一体型産業構造である世界最大規模のスピルリナ産業園区となっている。園区面積は実に827ha(東京ドーム約176個に相当)、培養面積は267ha(東京ドーム約57個に相当)、年間生産量は3,500トンとのこと。さらに、2020年までに6,000トンまで生産量を増やす計画があるそうだ。園区には今現在26の企業が進駐している。

中国のスピルリナ生産量に関して正確な数字は分からないが、例えば以下の様な報告があるので紹介する。

現在、中国国内において、計750ha以上の生産設備で、年間9,600トンのスピルリナ粉末が生産されている

引用元:Chen, Jun, John Benemann, Jun Chen, Yan Wang, John R Benemann, Xuecheng Zhang, and Hongjun Hu. 2016. “Microalgal Industry in China : Challenges and Prospects.” Journal of Applied Phycology 28 (2): 715–25. doi:10.1007/s10811-015-0720-4.

また、ここでは大きくは取り上げないが、オルドス市以外の中国で有名なスピルリナの生産地に、中国南部に位置する「雲南省」がある。最近では生産規模の拡大計画も持ち上がっているそうだ。おそらく、オルドス市と雲南省が中国におけるスピルリナ2大生産地と言える。

ちなみに、オルドス産スピルリナは以下のサイトで購入できる。残念ながら中国限定であるが。


新宇力旗舰店:http://xinyuli.wotobang.com/

 


参考資料:
到鄂爾多斯,看著名的美麗「鬼城」康巴什
互动百科「世界藻都」


<こちらの記事もどうぞ>

圧倒的な市場規模を誇る、中国の藻類産業